2008年03月13日

予定日前日。

今日も動きは無し。
誘発剤も促進剤もウチの嫁にしたら屁のカッパなのだろう。
いやはや、ヤツは最強だ。

予定日を明日に控えて、「初産は遅れるから」と同僚に諭される。
しかし、すでに3800グラムを超えてる息子と嫁を待っているのは帝王切開というものではないだろうか?
この10ヶ月、つわりもなく、事故もなく、ありえないくらいに順調だった妊娠生活の終わりがこれか?
もしそうなら・・・と思うと、そばにいたオラにしたらなにかとてつもなく申し訳ない気分になるわけです。

言いようはいくらでもある。
「息子がまだおなかで出たくないよぉって言ってるんだ」
「まだ早いって神様がいってるんだ。」
ほかモロモロ、良いほうに考える術をこの31年間で培ってきた。
その全てを嫁にぶつけているが、その「気分を紛らわせるだけの方法」もそろそろ終わる。

ヤツは今も自分と戦っている。
ひきこもりの息子をなだめながら、それでも必死に待ってやがる。
周りのそわそわした雰囲気を物ともせずに、逆に威風堂々とすら感じる。
楽天的という言葉とはウラハラに、その姿は健気で儚くて、それでいて母になるという強い決意をみなぎらせてる。
まいったね、母になる女にゃ全然勝てる気しねぇよ。

明日3月14日ホワイトデーは、出産予定日。
再度誘発剤が注入されます。
見た目よりも体が弱い嫁にとって、自然分娩の資格を得るチャンスはそう多くは無い。

さぁ、母ちゃんがこれだけ待ってんだ。
そろそろこっちこねぇか?息子。

posted by サル at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プチに痛い思いをさせたくないから出てこないんだよ!
思いやりのある息子(泣)
息子には何て呼ばせるの?
サル?パパ?父ちゃん?それとも・・・
Posted by ナナ at 2008年03月14日 00:26
>ナナ
男の子だから、「お父さん」だろうなぁ。
「パパ」って最初はいいけど、小学校くらいになるといじめにあいそう。
っていうか、どうせ年をとるたびに変わるんだろうけどね。
「お父さん」→「父さん」→「おやじ」が理想。
Posted by サル at 2008年03月15日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。