2006年04月30日

衝撃は世界へ。

先にいっておきますが、オラは「アンチ・ディープ派」です。
そこらへんを踏まえてから読みましょう。


天皇賞・春(G1)にて、ディープインパクトが圧勝。
昨年のクラシック3冠にまた1つ勲章を手にし、4冠馬となりました。

「単騎有力」の前評判で1・1倍の人気。
さらには、単勝支持率を更新する歴史に残る人気を獲得。
そして、そのレース内容は不器用ながらも従来のレコードを1秒更新するという、誰もが「こりゃ強ぇ〜」と言わざるを得ないもの。
ちなみに競馬では、0・1〜0・2秒で1馬身差と考えられるので、従来のレコード(マヤノトップガン)を10馬身ぶっちぎったことになります。
まさに規格外のレースとなりました。

スタート直後に出遅れ。
これは別に今始まったわけじゃなく、昨年からそうだった。
究極の前かき走行なので1歩目が出ても2歩目以降は体重移動ができずに遅れる。
3200mの長丁場を考えれば、「逆にディープインパクトにとっては良いハンデ」と思いました。

流れに沿って走ってるようでいて、騎乗している豊は結構考えてた。
わざと内と外をフラフラさせて、馬に「いく?まだやめる?」と問いかけまくってた。
ディープが「いくーーー」と反応したのは向こう正面の半ば。
何度みてもあそこは豊が手綱をひいてた。(=かかってた。暴走。)
正直、あそこは前にいた馬が内に入った瞬間と前にいた集団のペースがさがった時が重なったから。
その証拠に一気に前と後ろの間隔が一気に詰まってる。

豊は3コーナー手前で手綱を抑えるのを諦め、一気にGO。
その半ばでもうすでに先頭に立ってしまった。
「自信があった」とか言ってるけど、4コーナー入り口であんなにディープに鞭をいれる豊なんて見たことねーよ・・・。
ぶっちゃけ、焦ったんだろうが!!正直にいえー!!バレバレだー!!

ディープは鞭に反応してさらに加速。
内を走らせ、さらに長丁場を走ったことでさすがのディープも内にもたれてた。
ハッとした豊は、右肩に鞭(いわゆる肩鞭)に変更して「外いけよ!外!」と打つ。
「えー。だってー。」というディープと豊は、最後の直線の半分は折り合いつかず。
内にもたれる馬と修正に手間取り馬を追えない騎手・・・ぷっw

なにはともあれ、結果は圧勝。
もう誰がどう見てもディープインパクトには日本で敵はいません。
これで世界へいくのは決定的でしょう。


彼は、不器用でどこかチグハグなところが魅力的な今までにない名馬です。
しかし、完成度でいえば、断然ハーツクライのほうが、走り方・雰囲気・レース内容と、オラはすべてにおいて上と見てます。
ディープ唯一の敗戦となった有馬記念をフラックという人が多い。
しかし、それが間違いじゃないことは先のドバイシーマクラシックで証明されました。

ディープの与える衝撃はとてつもないもので、素晴らしい強さがあります。
しかし、まだどこか危ないんですよね・・・。
そこがかわいいんだろうし、魅力なんだけどさ。

ただ個人的にそういう天才肌はダメなわけ。
仕事でもなんでも「基本はダメだけど、なんかできちゃう」ってタイプが苦手なんですよー。
「天才だからゲート下手でいい」とか「天才だから折り合い関係ない」とかそういうのがあったら、レースで死んでいった馬に申し訳ない。

馬を制御しなくていいなら、サイレンススズカは浮かばれない。
強いだけでいいなら、ビワハヤヒデはかわいそうで見ていられない。
夢だけでいいなら、テンポイントは世界にいかないで欲しい。
人>>>馬なら、ナリタブライアンは生まれちゃいけなかったのか。

数々の悲劇があったからこそ、今の競馬があるって思います。
悲劇が忘れられてまた繰り返すだけなら、もう競馬はできません。

正直いうと、オラはディープインパクトに夢はもてない。
あの走り方・あの気性・あの体型は誰かとめないととんでもないことになる気がします。
posted by サル at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

お金が欲しい。

昨日、プチと結婚指輪を見てきました。
作成に1〜2ヶ月かかるようなので、9月の式から逆算すると遅くても7月までには決めないといけない。
そういうわけで今から市場調査しなきゃ!ってわけ。

しかし、結婚指輪を選ぶにおいて、いきなり価値感の違いでぶつかりました。
男と女の違いもあるけど、結婚指輪の使用頻度が違うんですよ。
現にオラは技術職なので指輪はやりません。
(指輪をしないかわりに指輪をペンダントに挟めようとしてます。)
でも、プチはアクセサリーが好きだし、接客業だけど結婚指輪はOKだそうでずっとつけっぱなしにしたい。

また、それによって結婚指輪に対する価値感も変わる。
オラは婚約指輪・式・新築の家など入用を考えて、少しでも経費削減させたい。
しかし、プチは一生に一度なんだからできるだけ良いものがいい。

ふと「これって10年前だったら、ケンカだな」と思っちゃった。
昔のプチだったらすぐ「じゃ勝手にすれば?」って言ってたろうな。
オラもオラで「あっそ。じゃそうする。」なんていってその後しばらく険悪なんだもんだ。

まだ時間があるし、ちょっと考えようって事で移動しました。
お互いがお互いを思いやれるようになれたら、本当の夫婦って言えるんだろうね。
さすがにウチらはまだまだだなーって思いますよ。


DSCF0942.JPG

遅くなりましたが、これはオラがプチにあげた婚約指輪です。
(ちなみにプチの手。プニプニのポニポニで良い手ですよー。)

ぶっちゃけ、給料の2ヶ月半分。
これを買うために10年前からちょっとずつ貯金してました。
「結婚はすべてテメェの金でやる!!」と意気込んで貯めてました。
苦労だと思わなかったのが不思議なんだけど、たまに通帳みると凹みます・・・w
posted by サル at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

地域奉仕活動

明日から地元弘前で桜祭りが開催されます。
それにともない近隣の会社は一斉に地域奉仕活動して、市にいいトコ見せます。
そして、それはウチの会社も例外ではなく活動されます。

とはいってもそんな立派な事ではなく、近隣付近のゴミ集めくらいなもの。
それに時間かかってたら仕事にならないってんで、ほんの20分程度なもんです。

弘前の桜祭りはどこまで有名かはわかりません。
「結構全国区じゃね?」って思ってるけど、どこまでなのかな。

050501.jpg

(画像は去年のもの。前の人は知らない人なんで目つぶし。)

機会があれば是非観光にきてください。
その時は無料でサルとプチがご案内いたしまーす。

・・・つーか、青森まで来るような人はいねぇ。
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

ふと思う。

珍しくきちんと更新。
誰かオラを褒めてあげて!

年をとると1日終わるのがとても早く感じます。
昔は「まだ木曜だ・・・」と凹んだもんですがね。
毎日毎日「また仕事だ・・・」と思って憂鬱になったり。

それが今は「もう木曜?・・・ヤベー」と逆に煽られてます。
毎日毎日「早くいってなんとかしなきゃ」と焦ってます。

それは責任だったり、プレッシャーだったりするんだろうけど、ひょっとしたら、こういう時が一番安定しているのかも知れませんね。
仕事の後の、いわゆるアフターってのはここ何年ない気がします。
それはそれでさみしいけど、これもまたひょっとしたら充実してるのかもね。

オラは結構幸せかも知れません。感謝。
posted by サル at 23:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

不定期でごめんなさい。

生きてるよー!オラ、まだ生きてるよー!

最近サボりまくりですねぇ。
特段忙しいわけでもなく、家のPCも使ってるのに更新してませんでした。
理由という理由は特になく、ただなんとなくです。

日曜は競馬を見て「石橋さーーーん!!」って泣いてました。
豊だろうが、フサイチだろうが、そんなもんオラにはどうでもよく、苦労人が一世一代の勝負に勝ったってだけですごい泣けました。


さて、最近・・・っていうか、昨日ちょっと凹みました。

9月の結婚を前に家を新築しようって動いてます。
そのための見積もり、設計、融資先なんかを今選定してます。

建てるのはウチの父親が大工なんだけど、出稼ぎで戻って来れない。
そのため、父親の仲間の工務店に依頼してます。

自分の中、そしてプチやウチの両親の夢は色々あるんだけど、融資に限度があり、8割以上あきらめなくてはいけない状況です。
ウチの両親は年齢の問題で融資は受けられず、プチは実家の保証人になっているため、融資を受けられるのはオラ1人。
そういうわけで、目標とした金額に達する事はできませんでした。

オール電化も完全2世帯もすべてパー・・・。
さすがに自分の力の無さを感じましたよー。


まぁ、仕方ないってんで昨日その大工さんと話したんだけど、オラが設計した間取りに支障はなく、文句もないってんで採用されるようです。
や、やめてくれ。
頼むから素人の図面に納得しないでくれ。
プロの意見ってのをオラに聞かせてくれ。
こんなつまんない家はいやだーーーーー。
posted by サル at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

婚約しました。

今日、結納をしてきました。

こちらは、オラとサル父・サル母・サル叔母・サル従兄の5人。
あちらは、プチとプチ父・プチ母・プチ妹・プチ祖母の5人。
父方の本家がないようなものなんで、プチ一家がこちらに人数を合わせてくれた感じです。感謝。

結納は結婚式・披露宴を行うところでやりました。
安いし、用意してくれるし、略式だしさ。
キチンとやるには媒酌人か仲人をたてる必要があったんで今回はこうしました。

まぁ、それでもなにかにつけて緊張するもんです。

結納は特段問題もなく、淡々としたもんでした。
初対面の人もいたんで様子見を気取ってたけど、それでも酒入ったら・・・ねぇ?w

そういうわけで、あまりネタになるようなこともなく無事に終えました。
しかし、なんですなー。こう・・・なんていうか・・・
実感ないもんですね。実際のところ。

「よし!!婚約まできたぞ!!」とか「これからが大事だ!!」とかいう焦りもないです。
かといって、「あぁ、結婚するのか。」とか「うわー、将来こわいな。」っていう不安もない。
うまくいえないけど、「超普通」なんです。

これから忙しくなるんだろうけど、こんなんでいいのかなぁ。
もうちょっとビシッとしなきゃいけないんじゃないかなぁ。
大丈夫かよ。オラ。
posted by サル at 21:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

今は懐かしのドデカホーン(意味無し)

ひっそりと更新する、サボリブログへようこそ。
今日も元気にさり気なく更新しまーす。


昨日、例の婚約指輪が届いたってんで引き取りにいきました。
結納に渡すって言ったら、桐の箱まで用意してくれちゃって。

問題は指輪なんだけど、思ったよりも大きかった。
ありゃ一生もんだなーとつくづく思いました。

でも、疑問なんだけど、テレビドラマでよくやるのあるじゃん?
ほら、指輪渡して「結婚してください!」ってやつ。
あれってすごい度胸だなーって思う反面、「婚約ってテメェらだけじゃ決めらんねーだろ」って思いがあるんだよねぇ。
そりゃ結論からすると結婚する同士がよけりゃいいんだろうけどさ。
みんな、どうしてんだろうね?


まぁ、そんなこんなであとは日曜を待つのみとなりました。
何事もなく、無事に結納を迎えられますように。
posted by サル at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

うおおおお!

うっかり、すっかり、がっかり?
日記さぼってたぜぃ。

今週結納だってーのになんか落ち着かない。
仕事でも家庭でもプライベートでもなにひとつ片付いてない。

ご利用は計画的に。あはは。


さて、ウチの会社も新入社員を5人迎えました。
例年だと10数人とって、1年後1・2人残ればいいって感じだけど、今年はなぜか少人数。
少数精鋭といえば聞こえはいいが、そこを上に聞くのは相当度胸がいる。

しかし、「○○園芸高校出身の〜」とか「○○水産高校出身の〜」と挨拶されるとさすがに?マークを隠せない。
ウチはモロに電子系ですよ?

特段人柄が秀でてるわけでもなく、かなり物覚えがいいって感じもない。
うーん。これはなんだ?
社長はこれをどうしろというのだろう・・・。

まぁ、そうはいってもみんな同じだと思うんで徐々に探っていきますよ。
優しく手をひっぱって指導するタイプじゃないんで、どうなるか知らないけどね。ふふっ。


posted by サル at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。