2006年02月28日

許婚になりました。

更新が滞ってたお詫びに今日は2本立て。
っていっても、最初は2/27にして更新。

まぁ、そういうわけできちんと周りに認められて「許婚」になりました。
ただし、これからが結構しんどいんです。

式場は?
何人呼ぶの?
いつやるの?
指輪は?
新生活は?

もう「?」だらけでなにからどうやっていけばいいか混乱します。
まぁ、ある程度プラン持ってたんだけど、それが親を交えた話し合いで壊れたんだけどね。
でも、それも仕方ないかなー。結婚は2人の問題じゃないしさ。

目下の問題は、結納に婚約指輪が間に合うかどうか。
普通は指輪を渡してプロポーズしたり、期間に余裕をもって探したりするんだけど、ウチは時間がない。
4月に決まった結納にどう間に合わせるか。

あぁ、そうそう。結納は4月9日です。
数字的にどうだ?ってなったんだけど、プチが「4と9はあたしのラッキーナンバー」という一言でみんな納得しました。
・・・オラにはよくわかんないんだけど?誰か説明して?

さて、婚約指輪だけど、給料の3ヶ月分とかは無理。
9月にせまった結婚を考えると、ある程度妥協しないと資金が追いつかない。
給料の約1・5ヶ月分で許してもらって、2人で探そうと思ってます。
さすがにこれはネット購入はマズイかなと・・・。
posted by サル at 21:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

決め酒報告(2/26)

うおっ!更新が滞っちゃってごめんよ!
遅れたけど、決め酒(結び酒)の報告しまーす。

決め酒ってのは地域によって違うみたいで、場所によると扇子交換とかもこれに当たります。
他には酒を持っていくトコもあるみたい。
ただ、最近は挨拶と一緒か、結納と一緒にやるみたいで重宝されてないようで。

あちらから「しっかりとした形式で!」という話だったのでこちらはそれに沿って準備。
持ち物は、決め酒2升に御肴代と御菓子代。
御肴代と御菓子代ってのは、嫁にあげる側が料理を準備してるんでその支払いのようなもの。
御菓子代ってのはそれに準じた、いわば気払い的なもの。

基本、親同士の顔あわせなんで、家族vs家族の腹の探りあいになる。
オラもそれを覚悟したんだけど、プチの家族側にプチの父方の親戚がいらっしゃる。
正直、「ルール違反だろ!!こっちも呼ぶぞ、ゴルァ!!」って思った。
なにせこっちはウチの父が出稼ぎにいってるもんで、母と2人で殴り込んだんだから。
それをプチのほうは、父・母・プチ・妹・祖母・叔母がスタンバイしてるもんだから、やっぱちょっと引いた。
「半母子家庭をなめんなよー!!」とウチの母はその状況で1人、孤軍奮闘。
オラは言うことをすべて母に言われたもんだから、ただただ「あー」「えー」だけ。
んと・・・ダメ息子、イエー。

簡単な挨拶の後、宴会になりました。
持ってきた決め酒は大事に飾られました。
・・・ちゃんとした形式だとそれをみんなで飲むんですが?おい、コラ。

席順は、
     プチ父  プチ母   プチ祖母   プチ叔母
     −−−−−−−−(机)−−−−−−−−−−
     サル   サル母    プチ    プチ妹

まぁ、なんていうの?いわゆる、適当に座れやーって感じ。
ざっくばらんでいいんじゃね?
形式なんて結局酒飲めば忘れるんだろう。

ってわけで、ここからは宴会。
そうはいってもプチ父とプチ母とサル母の座談会って感じになってた。
席順的にオラは相手もいないため、1人黙々と飲んでました。
それに気を使ったプチ妹が「若いもんで飲むがー」と声をかけてくれる・・・が移動できず。
いや、さすがにプチ父を目の前に移動はできないっしょー。

中盤になると、プチ父と2人で日本酒の飲み比べになってた。
注いで、注がれて、そして注いで・・・2人で1升完了。
その後、ワインに移行して、2本終了。
「俺はしこたま飲むぞ!ふはは!」と何度もアピールしたプチ父。
気がついたら、ハイテンションのまま酔いつぶれて、気がついたら寝てた。
オラ、勝利もこれはこれからまた何度も勝負になるんだろうな。こえー。


時間にして4時間ほどお邪魔して、結納決めて帰宅しました。
正直、オラはただ飲んで食べてただけです。
プチは、「サルは絶対つぶれる・・・」って心配で心配で仕方なかった様子。
宴会に殴りこんでいったような気分でした。


うわ!なんかネタねぇ!ごめん、みんな!
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

4万の赤字。

先日ブログに書いた、粛清を受けた彼が今日退社しました。
朝に電話がきて、「今日付けで退社します。」との事。
会社としては「退社は報告から2週間後」としてるし、常識的にそれは受け入れられない。
当然とばかりに説教して引きとめ・・・のすきもなく電話を切ったそうだ。
その後、会社から電話をするも連絡がとれず。

個人的には、しばらく様子をみるだろうと思ってました。
彼の代わりの新人2人はまだ完全に引き継ぎができてないし、このやり方を許したら今後の同じような問題が出る。
それに彼にとってもこんな辞め方は本望じゃないはず。

しかし、午後の会議で彼の退社が受諾されました。
上層部が受諾しようとするのを中間管理が引き止める展開。
結局は上層部の暴走をとめられず、強権発動を許してしまいました。
あぁ、オラは弱いな。まだこいつらに勝てねぇのかよ。

もう彼と話す事はないでしょう。
もう彼に会う事もないかも知れません。
彼の今後の活躍を強く祈ります。


なーんて凹んでたら、機械ぶっ壊しちゃったー!!
機械の入れ替え中に考え事してたら、バキィーンって素敵な音して破壊した。
破壊した部品、4万円也。

やれやれ、週末だっていう開き直りでやるしかねぇか。
posted by サル at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

オラを中心に地球は回る。

現在仕事のほうは平和です。
これは時期的なもので、製造業には必ずという程ついて回る宿命。
ウチの場合は電子部品なので、新作となる「春モデル」と「秋モデル」が鍵。
4・5月と9・10月がピークになり、その前は暇になります。

それに合わせて結婚までの予定を組めばいいんだろうけど、そうもいかない。
なにせオラ1人でするもんじゃないんだから、どこかで妥協しないといけない。

やれやれ、なにかをしようと思う時はなにかが犠牲になるもんですなぁ。


さて、プチを嫁にもらう上で避けて通れない問題があります。
それは、家を建て直す事。

今の家は元々5人家族用に立てたもんだから、広さに不自由することはありません。
まぁ、5人家族用を3人で使ってたわけだから、空き部屋は自然と物置になります。
そういうわけで、どれが使う物でどれがいらない物かの判断も難しい状況。
きっと掃除には相当時間がかかるものと思われます。

当初の予定は、今の家で来年春まで我慢して、それから新築予定でした。
でも、父親がハッスルしちゃって、今年中にできないか模索してます。

「家を建てる」ってのは一生で1・2度ってなもんでしょ?
どうしたら家を建てるか?。
資金繰りはどうするか?
間取りは?敷地面積をどうする?
なにがどうなってこうなってどうなる?

はい。わからない事だらけで、なにがどうわからないのかがわかりません。
要は、全然知らないんですよ。

最近仕事から帰宅して、ずーっとパソコンで検索して勉強してます。
ホントもうちょっと若い時勉強してたら、こうもドタバタしてないのになぁ。
posted by サル at 22:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

生き地獄廃止。

オラの3つ年下だけど、会社在籍が1年上の男子がいます。
その子は主に内職への配送・返送を担当してます。

その子は2月初めに風邪のため、3日ほど会社を休みました。
代わりができる人がまだ育っていない事から、管理で手分けして補う。
しかし、全部フォローできるわけがない。
1人休んでまわるような余剰人員を持ってるほど、資金に余裕がないから。
帰りが遅くなった者、自分の担当部署が崩壊危機になった者など大なり小なりの影響は避けられなかった。

個人的には「具合悪い時は無理するな」とか「用事あったら帰れ」と言ってるから責めない。
ただ、あの3日間はホントにきつかった。


上司の信頼をなくしたその子はその後、ありえない扱いを受ける事になってしまった。

○配送の部署からの転籍。
車に関わる仕事をしたくて配送で入社したのに、その希望職種を取り上げることは失格に等しい。

○一作業者として、日常の生産作業へ。
パートが8割を占める会社にとって、社員がパートと同じ仕事をさせられるのは精神的に凹む。

○新人2人採用し、彼の居場所がない。
配送にも戻れず、作業者として続けざるを得ない状況・・・。


正直、そこまで制裁しなくてもいいと思う。
っていうか、会議でオラは反対したよ。
だって、具合悪いんだから仕方ないじゃん。
会社が自分を守ってくれるか?守るわけねーだろ。バカ。
テメェで守るしかねぇんだから、許してやれよ。

オラはその子をよく知らないだけかも知れない。
でも、そんな誰にでもわかるような制裁は嫌いだ。


彼は今日も黙々とパートらの中に混じって作業している。

がんばれ・・・がんばれ・・・がんばれ・・・
posted by サル at 23:14| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

日本不振だね。

トリノ五輪でまだ日本のメダル奪取が叶ってませんね。
選手はみんな、人生かけてがんばってるんだから結果は仕方ないよ。
そういいながら、今日もテレビの向こうから応援してます。


さて、今週土曜は親しい友人達と飲みにいってきます。
長い間つるんでるヤツらなんでとりあえず飲みまくります。
まぁ朝まで!っていう気合はあっても体力はないけどさ・・・。

もう何年も前からヤツらには、オラには夢があるって言ってました。
それは、「君らがみんな結婚した後にオラが結婚する。そんで最高に祝ってもらう」という、あまりにも理不尽なもの。
気がつくとそれは叶わず、先頭きって結婚することになってしまった。

仕方ないから、超祝え。

とはいっても結婚が現実になってくるとそういう気持ちが薄れてくるもんですね。
うまくいえないけど、「ちょっと祝ってくれたらそれでいい」みたいな感じになっちゃう。
逆に「世話になるね。ごめんね。」みたいな感じ。

そういうもんなのかなー。これってマリッジブルー?

なわけねーーーーー。
posted by サル at 23:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

寝たい・・・

ようやく念願の挨拶もでき、やっと結婚に動ける権利を得たわけですが、どうもそうでもない。
プチ家からの希望は、きちんとした流れ・形式での結婚。
しかし、結婚までのきちんとした形式の取り方を知る人はかなり少ない。

今まで「挨拶→親の顔合わせ→結納→式・披露宴」が普通だと思ってた。
その中でもウチは親同士もう知ってるんだから、もう結納しよって思ってた。
でも、それは「決め酒」というきちんとした儀式だそうだ。

要は、挨拶で結婚の意志を伝え、決め酒にて家族内で決定。親戚内で結納し、婚約。
また、挨拶で決め酒の予定を組み、決め酒で結納の予定を組み、結納で結婚を予定を組む。

知らねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
少なくとも、ウチの親も知らねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!


その流れでいくと次は決め酒となるんだけど、今問題になったのは式場の確保。
仕事上連休確定の時(祝日と日曜の連休)の時じゃないと厳しい。
それに式場ってのは1年後まで予約があったりして、取りづらい面がある。
実際最近プチと歩いて回ってるんだけど、今年末まで仮押さえが入っています。

そういうわけで、相談に相談を重ねてるわけだが、やはり形式にこだわる以上適当な返事はもらえない。
たまに「そりゃ昔は半年後で取れたさ!でも、今はみんな式やるから取れないんだ」ってキレそうになる。
それをグッとこらえている自分に小さく心で「グッジョブ」。

下手にこちらを押し通すと「勝手にしろ」で、任せるといつになるかわからない。
どこの家も都合や事情があるんだからって開き直りで今を生きてます。

ちなみに今言われてムカつく事は「まだ先の事だけど」って言われること。
確かに9月なんて先だけど、それまでに決める事って人生にとって5割くらい占めてんだよ。
現に今動かないと式場もとれないし、新生活の用意もできやしない。
そりゃ式場とって、式の準備しちゃえばあとはやるだけなんだから、これから式までがバタバタなの。


とりあえず、決め酒、決め酒っと・・・酔っ払って失態出さないようにっと。
結婚ってこんなにも面(ry なのか・・・。
posted by サル at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

突撃報告。

いってきました。
今フッと気が抜けてて、すごいタバコがうまいです。

17:00 背広に着替え、プチを迎えにいく。

18・00 プチ、仕事終了で合流。

18:30 持っていく箱菓子をプチと2人で選んで購入。
      ちなみに、4200円也。
      
18:57 コンビニへトイレ休憩。
      念のため、いっておいた。
      身だしなみを整えておかないとって意味もあって。

18:59 プチ宅まであと1分。
      到着間際に「うおーーー!やるぞ、ゴルァ!」と車中で叫ぶ。
      プチも「うおー」と叫ぶが、緊張のあまりニヤケちゃってどうしようもない。
      貴様が緊張してどうするよ?とかなり不安になる。

19:00 プチ宅、到着。
      ターボタイマーを切り、爆音を抑えてエンジンストップ。
      靴を革靴に履き替え、箱菓子持って「こんばんわ。お邪魔します。」。
      
19:01 プチ妹・プチ母、登場。
      プチ妹、背広のオラに爆笑。
      プチ母、化粧中でいらっしゃい。
      そのまま客間へ通され、さすがに緊張してくる。
      プチ、ニヤケが止まらず、しまりがない。

19:03 プチ父、登場。
      「寝てたー。」と寝癖をつけて、プチ父参上。
      プチ妹の持ってきたお茶を即飲み即おかわり。

19:05以降  =====   挨拶   =====
      プチ家族勢ぞろいで準備完了。
      オラとプチが、プチ父母と対面し、その横にプチ妹が座る形で準備万端。
      「これ、みなさんでお食べください。」と箱菓子をあげる。
      しかし、それに誰も手をつけることはなかった。

      プチ母の「さてっと」の口火をサインにスタート。
      「今日は時間とって頂き、ありがとうございます。
      長い話は失礼かと思いますので、単刀直入に言います。
      2人で色々考えまして、今回結婚したいと考えました。
      何卒結婚をお許しください。よろしくお願いします。」。

      そういって、プチと2人で頭を下げる。
      
      その後、プチ父母から質問タイムも特段問題なく進行。
      結婚時期は、5月結納、9か10月の挙式の希望を伝える。
      その後の新生活をどうするかなども含めて突っ込まれる。
      
      プチ父、尋常なくらいの速さでお茶おかわりしまくり。
      プチ母、自慢話なのか説教なのかわかんない話をしまくり。
      プチ妹、さり気なくフォローをいれて話しの複雑化を回避。グッジョブ。

      その後、さぁメシ食おう!という事になる。
      この段階で許可を得たのかどうか微妙でよくわからず、またそれを聞けない。
      部屋移動の際も箱菓子は忘れ去られた存在に・・・。
      
21:00 メシを食いに部屋移動。
      手に違和感を覚えてみてみると風呂上りみたいに指がふやけてた。
      ドキドキはなかったんだけど、やっぱ緊張してたんだろうな。
      プチ母がシレッと箱菓子を持っていったのを見て、やっとホッとした。

      プチとプチ母がメシの準備中、プチ父・プチ妹と家の事で談話。
      やっぱ家建てる時は、最近建てた人に聞くのがいいな。全部知ってる。
      
      鉄火丼やら刺身やら、なんか申し訳ないご馳走が出てくる。
      物なんて食えねぇよって思ったんだけど、ウマー。
      挨拶に来ただけなのに、3杯おかわりして、ちょっとヒンシュクをかう。
      空気を読めなくてすいません。腹減ってたんです。

      その後も談話に談話に談話。
      正直、なにを話したかわかんないくらいに良い談話でした。
      途中、プチ妹が両親に聞こえないくらいの小声で裏のプチ母との会話を伝言。
      「次は親をつれてきて、結納決めるんだよ。」の内容に許可を得たと実感。
      結婚までの流れがよくわかってないけど、どうやらそれは決め酒という儀式。
      プチと小さくガッツポーズをとる。

23:00 解散。
      時間を見ると23:00。
      さすがに「ヤベー!」と思い、盛り上がる最中に「そろそろ失礼します。」。
      みんなにハァ?って顔されたんで、「い、いや、もうすごい時間で・・・。」。
      時間を忘れるくらい盛り上がってました。よかったー。
   
      酔っ払ったプチ父をよそにプチ母・プチ妹・プチに見送られる。
      爆音車でごめんなさい・・・。

23:20 帰宅。
      帰宅後、うちの母親へ報告。
      さすがに「挨拶にいってこの時間って失礼な。貴様バカか?」と怒鳴られる。
       

こうして、なんとか次のステップへ進めることになりました。

今も指はふやけ、手はシナシナっとしています。
力が抜けて、いますぐ布団に飛び込みたい気持ちです。
人生でこんなに緊張したことってないかも知れません。

ただ、良い方向へ進めたし、楽しい時間をすごせました。
オラはすごい幸せなヤツだなって今更ながらに思います。


みんな、ご心配かけました。
みんなのおかげで、一番の難関をクリアできました。
ありがとう。ホントにありがとう。

これでやっとみんなにきちんと報告できます。

結婚しますって。
posted by サル at 00:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

決戦まであと1日。

いよいよ明日、突撃します。

気持ちの上では「ヤベー。どうしよー。」って不安はかなり強いです。
それと比例するように「決めてやる!」っていう気合と「決まったらあーしてこーして」っていう先走り的願望があります。
情緒不安定この上ないんだけど、不思議と追い込まれた感じがありません。
もっと焦るかな?って自己判断してたんだけど、ある程度腹が座れたような気がします。
どうあがいたって明日なんだし、玉砕覚悟で特攻しますよ。

仕事のほうは明日休み。
微妙だったんだけど、なんとかなりました。
正直、明日仕事のほうがよかった・・・。
だって、仕事してるほうが下手に考えないでいいんだもん。
部屋に1人いたら、当然「今日どうしよ」って考えちゃうじゃん。


明日はプチが仕事終了後、箱菓子買ってから特攻します。
時間にして、19:00〜20:00頃になるでしょう。
プチの家族は、メシを食わないで待ってくれるそうで。

いいかい。心の友のみんな。

明日その時間に「サル、がんばれー」って北に向かって祈るんだ。

オラに元気をわけてくれー。
posted by サル at 21:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

決戦まであと2日。

結婚までに自分たちである程度計画は持たないといけない。
日程は家の都合で変わるんだろうけど、今年中とかいつ頃ってのは決めておけ。
なーに、仕事の事はそうなれば2の次でいいんだ。
今はそれを優先したらいい。


今朝、上司にそう言ってもらいました。
いつもはなにを考えてるかサッパリな人だけど、やっぱ上司っていいなって思った。

まぁ、3分後に仕事押し付けて帰ったけど・・・。

結婚に向けてのプロセスがイマイチよくわからないんで、人生の先輩に情報収集してます。
ぶっちゃけ、「結納なんていらないじゃん」「式は友人と近い親戚だけで」ってずーっと思ってた。
でも、いざとなるとそうもいかない。
知らないと話にもならないんだからねぇ。

その前に挨拶だなぁ。
「プチさんを僕にください!」ってのは、物じゃねぇ!って言われそうだし。
「プチさんと結婚させてください」ってのは、どうも一人よがりっぽい。
ここは無難に「結婚を許してください」だろうな。
長々と言うとボロが出そうなんで、超単刀直入に。
そして、やっぱ土下座?顔だけはあげていい?

あああああああああああああああ。

ヤッベ!こんな事考えると緊張しちゃうじゃん!
よし、飲もう。明日も仕事だけど。あははー。
posted by サル at 23:15| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

決戦は土曜日。

今日、プチがプチの両親へ結婚の意志を伝えたそうです。
かなりの覚悟のいるものだったでしょう。
グッジョブ。

結婚の挨拶は、まず本人の結婚の意思を伝えないと始まりません。
いきなり家にいって「嫁にください」じゃ「はぁ?」だからさ。
最悪「あぁ、サルがもらいにくるんだな」というのを臭わせないといけない。
それをプチは立派に成功させた。
この数年、数十年間閉ざされ続けた重い門をプチは勇気をもって開けてくれた。


さぁ、次はオラが人生をかける番です。

今週の土曜日、プチをもらうための挨拶にいってきます。


事故があった事で結婚はしばらく無理って思ってました。
でも、日が経ち、落ち着いて考えられるようになるとそれは間違いのような気がしてきたんです。
「そんな事言ってたら、結婚なんてできねーだろ」ってね。
結婚はタイミングって言っても、じゃそのタイミングっていつよ?って話。
待ってたってなにかしら問題はあるなら、いっそこっちから作ればいいじゃんって考えた。

プチは悩みに悩んで、今日行動を起こしました。
過去何度も拒否られ、挨拶にいく機会すら与えてもらえなかったのに。
人生をかける腹を決めたプチを両親が認めてくれたのでしょう。

これでオラがナヨナヨ〜ってしてたら、プチに申し訳ないでしょ!
あとはオラに任せろ!って勢いでいってきます。

決戦まで、あと3日。
自信なんてないけど、責任は果たさないと男じゃねー。
きっぱりと命、かけてきます。
posted by サル at 23:32| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ハッピーバースディ、母ちゃん。

今日はウチの母親の誕生日でした。

仕事が休みだったんで、雪片付けなり買い物なりして、このケーキを進呈。
ケーキ屋をよく知らないんで、プチのお気に入りの店から購入。
あ、プチも一緒にお祝いしましたよ。

よくもまぁオラを産んでくれたもんで。
来年の今頃には孫でも見せたいもんです。
posted by サル at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

バレンタインは、除雪機が欲しい。

世の中の保険屋さんへ言いたい。

どうでもいいからもうちょっと迅速に動けないもんかね?
こちとら、結婚がかかってんだよ。
さっさと結果だして、話くれや。ゴルァ。


プチの車問題がまだ解決してません。

車の修理見積もりは出たし、あとは保険屋同士の交渉次第。
金額からいって(30万超)、このまま廃車になり、新車or中古車購入がほぼ確定している現状。
しかし、はっきりしない内は動けないのが人の常。

プチののんびりな性格を考えると、
   車選び・見積もり・購入決定  2週間
   納車             1ヶ月
   車慣れ・情勢の安定      1ヶ月
くらいは必要かな?って思うから、結婚に動けるのは早くても2ヶ月と2週間。
来週開始としても、4月中旬じゃないと・・・。

出稼ぎにいってるウチのおやじが帰省するゴールデンウィークにギリギリか。


こういう時って彼氏って立場は弱いよねぇ。
「頭金出してやるよ」とか「修理代出してやるよ」なんて言えないもん。
いや、もちろん言うけど、プチの家族がうんって言わない。

元々、結婚してからプチの車を買って2人で払う予定でした。
結婚を望まれてるカップルなら「これを機に結婚しちゃえ」ってなるだろう。
でも、ウチはちょっと違うから逆に失礼になる。
失礼どころか、乗り込んでこられるよ・・・プチの母ちゃんなら(ビクビク


あーあ、保険屋さんよぉ。なんとかしてくれや。
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。