2006年01月31日

いいのか、日本。

今日は、メーカーに足並みをあわせた社内一斉棚卸し。
2月は注文も少ないと予想された事から、前々からやってたんで、パートさんはみんな休み。

社員も一部出ればいいじゃんって上に言ったら、却下された・・・。

さて、そういうわけで朝から動いたんだけど、マジでやらせることがない。
超暇。給料泥棒もいいトコ。

8:30  棚卸し、開始。

10:30 棚卸し、終了。

ここで、上司に掛け合い、工場長に「生産もできないし、昼間までで終業。」と懇願。
「その日にいうな!」の一喝に「先週から言ってるじゃないですか」と反撃。
2分後、「社長に1日がかりって言っちゃったんだよ」と弱音を吐かれる。

10:30 社内雪片付け、開始。

12:15 社内雪片付け、終了。

仕方なく、給料泥棒の決定版「勤務中に雪片付け」を上司が敢行。
工場長は見てみないふりを決め込んで、全員でやったら2時間もしないで終了。
上司が工場長に再度掛け合うも、意味不明な理由で却下。
ちなみにその理由は「3時に個人の郵便(着払い)頼んでるから、それまではいないと」。
・・・関係ねー!!ウチらに関係ねー!!

12:50 社内屋根の雪おろし、開始。

14:30 社内屋根の雪おろし、終了。

管理職としては、生産したいんですよぉ。
予定が早まれば早まるほど、管理しやすいんだからさぁ。
でも、棚卸し中&電気代などのコスト削減のためにダメ。
んで、15:15まで雑談会になってました。

結局、今日は15:00で勤務終了。


あぁ、明日からが不安で仕方ない。
この会社大丈夫かよ。
posted by サル at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

金かかるねぇ。

今日はプチとブライダルフェアにいってきました。

正式な挨拶もできる状況じゃないのにね。
ただ、これはいつもやってるわけじゃないし、無料だから許して。
結婚式や披露宴の知識がまったくないから少しでも勉強しないとさぁ。

まぁ、そうはいってもすでに4年くらい前から機会を見ていってますが・・・。

いつもながら、やはりよくわからないままでした。
目をキラキラさせて話しをしてるプチを横目に、なにをしたらいいやらわかんないオラ。
主役は新婦だからこれは仕方ないのかもね。

ちょっとでも良い結婚式・披露宴にしたいなって思います。
posted by サル at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

集団風邪→集団欠勤

朝起きて雪片付け。
会社で雪片付け。
夜帰宅して雪片付け。

これはシンドイ。


「急募!雪片付け作業者!」
時給:1000円
保険:各種要相談
備考:経験問わず


そんな求人広告をマジメに出そうと悩む今日この頃。

ここ最近、風邪が流行っているようです。
現にウチの会社でも多数風邪のために欠勤が出て、どうにもならない状況。
まぁ、その中の何割かは単純に「仕事メンドクセ」って人だろう。

「仕事は時間から時間まで!」
「仕事より家庭が大事だから、休む!」
仕事に関しては色々な考え方があるんだろうけど、責任感がない考え方があるのも事実。

倒れるまでやって、それでもダメで・・・そういう経験こそが将来の武器になる。
「あー、ダメ。どうにもなりませーん」じゃそれまでの人間になっちゃう。

信念を持たないと壊れちゃうのが仕事なのかもね。
無理しない程度にがんばりましょー。
posted by サル at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

というわけで。

昨日は「意地でも今年中に結婚してやる!」って書きましたが、正直無理です。

アシのないプチは、今保険屋の交渉次第で車を購入しようとしています。
その金はプチの家から借りる形で、プチが返していくらしい。
ウチは金ないから、大きいものは全てローンだし、親も出す金ないんで、それは羨ましい限り。

でも、それによって結婚は間違いなく伸びます。


理由は簡単。

結婚をプチの家に反対されてるから。


もう気づいた人もいるんじゃないかな?
望まれた者同士なら、もうとっくに結婚してるってさ。
理由は色々あるけど、それは後日。


家に借金してる身で結婚は虫が良すぎる。
弱みを持ってて、それでも「プチをください!」はプチの親にあまりにも失礼。
つーか、それこそ社会人としてどうか?と思う。
それに、それがあって結婚を許してくれるわけがない。

結婚って、結局はお互いの意志だと思うんです。
ただ、相手にも自分にも全てを捨てる覚悟ができているかどうか。
今現在、決定的にそれが欠けてるような気がする。


そんなわけで、数少ない閲覧者の期待に応える事ができないと思われます。
そりゃあがけるだけあがくけどさぁ。

・・・2年後にはって感じかなぁ。

ちょっとわかんねぇや。ごめん。
posted by サル at 23:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

予定変更のお知らせ

今朝プチが事故にあいました。

幸い怪我はないようだけど、車はボコボコ。
親戚のおばさんから譲り受けた車だけど、プチにとっては大事はアシ。
そして、結婚を機に買い換えようとしていた下取り車。

来月プチ宅へ挨拶へ!と動いてたんだけど、ちょっとタイミングが悪くなっちゃった。
さすがにこの状況じゃ「プチをください!」なんて言えないって。
まぁ、こればっかりは神様じゃないんだから仕方ないよね。
一番凹んでるのはプチなんだからさ。


「結婚はタイミング」って誰かが言ってたけどホントだな。

なにも動かないと始まらないって、もう動いてんだよ。始まってんだよ。
動いても動いてもいつもなにかにつまずいちまうんだよ。
たまに「これは神様が結婚するなって言ってるのか」って凹んだりするんだよ。

それでもここまであがいてきたんだ。文句あるか。
「タイミング」っていう名のいじわるさんよぉ。

ちきしょー。意地でも今年結婚してやる。
(酔っ払い中)
posted by サル at 23:05| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

腰、イテーYO!

よーし!!やった!!やったぞー!!

やっと先が見えた。
これで予定を組んだ仕事ができる。

これでブログも定期的に更新できるでしょう。

・・・多分(汗)



さて、ホリエモンが逮捕されたようですね。

ぶっちゃけ、あーゆーのってみんなやってそうだけどなぁ。

なんでホリエモンのライブドアだけなんだろ?
ライブドアの株価や経常利益を見たら変なのは誰でもわかるのに、なぜ今なんだろ?
なぜこんなにも展開が速く進むんだろ?誰かタレコミしたの?

色んな疑問があるけど、個人的にはホリエモンには敬意を持ってます。
ここ数年での企業成長やサクセスストーリーはきっと誰にも真似できないって思うもん。
発言に誠意がなかったり、人に対する敬意がないのは若いって考えると許容範囲内だし。

批判されるんだろうけど、あーゆー人の弾頭はこれからの日本に必要なのにな。

それにしても、マスコミの叩きようはすごいね。
あれじゃ悪くなくても「悪い」って思っちゃうよ。


これでホリエモンも終わりかなぁ。
終わってほしくないなぁ。

あーゆー人がいたっていいじゃん。
posted by サル at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

もちつけ

今週、どうもツイテない。
いや、正確には先週末から。

これは、細木○子のいう大殺界か?

まぁ、そんなの考えてもどうにもならないんで、テキトーにいきましょ。
人生なるようにしかならないなら、なるようになれってんだ。


posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

激痛のかなたに

ヘイヘイヘーイ!
そこの凹んでる少年、少女たちー!
まだ1月だぞー!もっと明るくいこーぜー!

今日も元気に怒られたー。
今日も「で、どうするのよ?」って冷たくあしらわれたー。
今日もどうにもならない状況に陥って、いっそ殺せって思ったー。

いやー、今日の酒もうまいね。うん。


人にキレられた時の対応って色々あって面白いですね。
溜めに溜めて一気にドーンって人もいれば、その都度キレる人もいる。
キレた後落ち込む人もいれば、キレてなおあっちこっちに当たり散らす人もいる。

オラはどっちかなーって思ったんだけど、キレる前にどん底まで凹むタイプ。
人に当たれないから、ドンドンドンドン溜まって、結局身体に問題が出る。


まぁ、そういうわけで現在ひどく腰痛です。

椎間板ヘルニアって診断されてるんだけど、これは手術しても再発するらしい。
激痛が何日か続いて、また落ち着いて、また激痛の繰り返し。
もうさ、横になるだけで「うぎぃぃぃぃぃ!」ってなるんだわ。
腰もんでもらっても、シップしてもダメ。安静が一番。

そういうわけで、誰か休みくれ。
頼むから、休みくれ。
休みくれないなら、熱海とか草津とかの湯治を無料でさせて。

じゃないと、これからガンガン使うであろう腰の運動に支障をきたすじゃないか!

おぉ・・・マジいてぇ・・・。
posted by サル at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

凹み気味

ちょっと仕事で凹んでます。

「オラの責任じゃないじゃん!」と声に出して言いたい。
でも、オラがやった事でないにしろ、責任は誰かが取らないといけない。
そして、その責任をとってるからこそ給料がもらえる。

それが、管理職というもの。

ウツ状態で「ハッ!」として叫ぶ。
我に還って、またしばらくするとウツ状態になってる。
その繰り返しを毎日体験する。

嫌でも、「生きてる」って事を感謝しちゃう。
この仕事多いよ、首吊っちゃう人。
オラの世話になってる企業の人とかもそうだもん。

でも、だからと言ってツライだけじゃない。
自分の計画・企画が成功した時、業績と経験が自分にストレートに戻ってくる。
要は、自分の価値を自分に問える仕事なのかもね。


ホントは単純に技術を磨きたい。
職人になりたいってずっと思ってた。
大工とか、技師とか、手先を使う仕事がしたかった。

でも、4年前に体を壊してからそれは叶わないと悟った。
自分のキャリアを生かすには、管理を覚えないといけないと思った。
現場を知ってるからなにも問題なくこなせた。

上にいけばいくほど、この仕事のキツイ面が見えてくる。
仕事とはそういうものだろうけど、これは下手すると精神病になるな。
「前向きに!」と心のどこかに常に置かないと潰される。
だって、そうしないと部下なんてついてこないって。


負けてらんないよな。オラよぉ。
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

感謝

♪トッポジージョー
 トッポイチューチュージージョー

30代以上じゃないとわからない名作「トッポジーニョ」のエンディングを鼻歌に今日も元気に仕事しました。
はい。今日も生きられたよ、オラは。

身を削る思い。
たばこが増える思い。
残尿が気になる思い。

色々な思いをしながらも今日を生きられた事に感謝。


ツライ時、オラはいつも死んだ親戚の事を思い出します。
その親戚はガンで3年前に亡くなりました。
ウチの父親の甥にあたる人で、オラのイトコにあたる兄貴みたいな人でした。

同じ相手と2度結婚し、2度離婚してもずーっとその人を気にかけていた、愛の人でした。
末期ガンとわかった時、笑いならが「サルー。俺、来年死ぬんだわ。」と言う生粋の明るさを持った人でした。
年上だろうがなんだろうが、自分の信念を曲げない強い意志を持った人でした。
最高の腕を持った大工である自分の寿命に間に合わせるかのように、自分の親の家を建て直して逝った、強い人でした。

オラはその人が大好きでした。



その人が言った、オラへの最後の言葉。

  いいか、サル。

  この世に神様なんか、いねぇんだよ。

  医者が最高の神様だ。

  おまえの神様は、なんだ?



その時、オラはなにも答えられなかった。
「この人、すごいな。」と思えるほど、一発だけの言葉でやられた。
そして、そこにいた誰もが応えられなかった。

今もまだその答えは見つからない。
きっと一生の最後に悟るかのように見つけられるかも知れない。

でも、オラは今日を生きたよ。生きられたよ。
明日目が覚めたら、生きてるかどうかなんて知らないけどさ。

だから、感謝。

そしてまた、明日が良い日でありますように。
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

今日だけは偉くなりたいと思った

ウチの外注先で不良が発生。
メーカーにはISOなどの環境問題の申請上、「ウチは外注はやってないッスよ。あはは。」って言ってるのでこれは大問題。
こっちにしたら外注での不良なんだけど、メーカーからしたらウチの不良。

さー、大変だー。大変だー。

工場長はブチギレで、外注先の社長を呼び出しでボロクソに言ってた。
ウチの上司は青くなって、メーカーにいじめられてきた。


そして、就業後。

事務所にいったら、燃える工場長と燃え尽きた上司が2人きり。
キレ足りない工場長の集中砲火を一身に受けた上司はすでに意識がなく、返事もない。
・・・まさにただの屍。

そそくさと帰ろうにも最悪の雰囲気にやはり捕まるお人よしなオラ。

工場長:「サルよー、ふざけんなよ。テメー。」

サル :「え?い、いや、なにか・・・(ビクビク)」

工場長:「明日までに対策書作って、メーカーに送れや。」

サル :「・・・オラッスか?オラ、そこの外注、ノータッチですよ?」

工場長:「ウルセー!!やれや!!今日中だ!!」

サル :「・・・今明日って。」

工場長:「黙ってやれやー!!」

元々ウソついてたのは工場長では?
ウソをついてまで環境審査を通し、その場しのぎの結果がこれなのでは?
理不尽の前には正論も通じないという事か。

ウソがバレたら一貫の終わりだ。
なら、ウソの上にウソを塗りつぶすしかない。

「対策・管理ミスによる生産調整依頼。」

はい。考えた末(10秒)のウソがこれ。
不良隠しを前提に、
  「ごめーん。
   生産管理が頭悪くて、予定を間違ってちゃってさー。
   別のもの投入しちゃってるから、それ(不良が出たもの)納期遅れちゃうー。
   そういうわけだから、ちょっと全体の納期調整しない?」
という、簡単かつ斬新なアイデア。

工場長の渋い表情を前に「これで今を凌いで、その間にやり直しましょ。」とテキトーに言う。
上司がフラフラしながら、外注にいきなり電話しだして可能か相談。

上司 :「・・・つーわけで、今日中に作ってもって来いや。」

    「あ?みんな帰ったぁ?シラネ。殺すぞ、コラ。」

    「テメーのケツはテメーでふけや!・・・おう。わかればいい。」

    「(ガチャ)工場長、OKです。」

工場長:「んじゃ、それでやって。さて、帰るべー。」

上司 :「お疲れっしたー。」

サル :「・・・っした。」


・・・人間って一体。

生き残るために中小企業は、大なり小なりウソはどこにでもあると思います。
正直に仕事したい!とは思うけど、それだけじゃ難しいってのは嫌なほど見てきました。
「ごめんなさい。」で全て通用するなら、どれだけ楽だろう。

綺麗事言っても、結局オラも企業のウソに加担してるのさ。ふふふ。
とりあえず、今日は飲もう。

やってらんねぇ。
posted by サル at 23:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

笑ってみた

今日はどうもおばちゃん達に避けられる。
これはいったい・・・

オラ、なんかしたかなー!?とちょっと凹む。


理由はなんてことなかった。
オラが笑ってないからだ。

最近腹から笑ったことあったかな。
どうも自分の事で一杯一杯になっちゃって、周りを見てない気がしてきた。
いかん、いかん。これじゃ仕事が面倒なものになっちゃう。

「へーい!今日早く帰ろー!」と言ってみた。

すると、「おー!帰ろう!」とか「サルさん、今日デート?」とか雑談が始まった。
口を動かさないで手を動かせって思うけど、1日1回くらいはいいよね。
笑いのない仕事場なんて、堅苦しくてイヤだもん。


ごめんよ、みんな。

明日もまた元気に働こう。
posted by サル at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

成人おめでと。

今日は成人式ですね。
ウチのほうでもやったのかな?どうなんだろ?
全然わかんねーやw


さて、みなさんは成人式には出ました?

オラは出てないです。
そういう風習も嫌いで行く気なかったし、その頃東京いってたし(汗
別に「やっぱ行っておけばよかったなー」とも思わないし、いいじゃね?

ただ、行くべきだったのかな?とはたまに思います。
国の税金を使って、祝ってくれるもんだしさ。
それに一生に一回ってのもあるしねぇ。
行って会えるかも知れない旧友もいたかも知れない。

昨今各地で成人式は大荒れみたいだけど、そんなの今始まったことじゃないと思うんだ。
オラの時もオラの前の時も、式終了後は大なり小なりそういう騒ぎはありました。
それを見た大人たちはバッシングするけど、自分らも似たようなもの。
それを注意しないで、放置してるなら、同罪だしさ。

だから、「今の若い子らはダメだ」とは思えないな。
冷めてるトコはあるけど、その分冷静に回りみれてるし、その調子で社会を見回して欲しいな。
気合とか根性というのは年々薄れてきてる感は否めないけど、それだって今始まったことじゃないし。

がんばれ、若者よー。
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

大嫌いだよ、おまえ。

今日、ウチの父親が出稼ぎに戻っていきました。
夜行バスでいくんで送っていったんだけど、こういうのって何年経っても慣れないな。
とにかく切ないだ。
悲しくて、寂しくて、カッコ悪いけど切ないんだ。

今日仕事中、「どうしたら早く帰って、父ちゃんと一緒にいれるか?」ってマジメに考えたもん。
親戚の1人や2人死んだことにしてもへっちゃらだった。
休みのプチに電話して、「身内ですが不幸がありまして・・・」って電話してもらおうと思ったりした。


送っていく最中の会話。

サル :「父ちゃん、あのな・・・」

サル父:「ん?」

サル :「あー・・・んと・・・」

サル父:「・・・。」

サル :「遅くても来月プチの父ちゃん、母ちゃんトコにいってくるよ。」

サル父:「・・・。」

サル :「プチをくれ!って言ってくる。」

サル父:「・・・。」

サル :「・・・え、えっと、どうなるかわかんないけど行く。」

サル父:「・・・そうか。」

口下手でホントに寡黙な人なんで盛り上がるはずもない。
でも、車降りた時に聞こえるか、聞こえないかくらいの声でボソッと言ったよ。

「・・・がんばれよ。」って。

オラ、見送った後、泣いちゃった。
必死にこらえたけど、ダメだったんだ。
運転どころじゃなくて、路肩に路上駐車してワンワン泣いちゃった。



オラと父親は、2年半前にオラが入院するまで会話はありませんでした。
昔からすぐ手をあげるし、金使いは荒いし、寡黙過ぎてなにを考えてるのかわかんない。
子供の頃に遊んでもらった記憶なんてない。
話をした記憶も、一緒にいた空間すら記憶にない。
タバコや酒、バンドなんかも今思うと、父親が大嫌いだからこその反抗だったのかも知れないな。

オラが体壊して、通院し始めた時、父は言った。
「大した事ねぇだろ。金かかるんだから、早く退院しろ。」
親の世話になりたくなかったオラは、入院費・手術費用を自分で出したよ。
でもね、退院して1ヶ月しない頃、すぐに会社で倒れ、即日再入院になったんだ。

母から知らせを受けた父は、出稼ぎから飛んで帰って、体が動かないでベットに横たわるオラのトコに来た。

それはうっすらとしか覚えてない。
意識なんてないし、夢だったのかも知れない。
ただ、なんでかそれだけは覚えてる。

今でもはっきりと覚えてるんだ。

父ちゃんが泣いてるのを。
「・・・スマン。。」って病室で泣き喚いてのを。
母ちゃんや看護婦、担当医が必死に抑えるのを振り払って、それでも泣いて叫んでたのを。
「死ぬな。頼むから死ぬな。」って病院中に聞こえるほどの大声で叫びまくってたことを。

それ以来、少しずつだけど普通の親子を目指しで距離を縮めてきたんだ。
まだまだみんなの親子関係には負けてるかも知れないけどね。
いつか笑って話せるようになればいいなって思う。


「・・・がんばれよ。」

あぁ、がんばるさ。
涙の止め方がわからない弱い子だけど、がんばるさ。
父ちゃんもがんばれよ。
posted by サル at 00:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ハッピィバースディ・トゥ・オラ。

えー、不肖このサル、今日で29になってしまいました。
まぁ、誕生日っつったって、仕事が早く終わるわけもなく。

父ちゃんと母ちゃんからは、2500円の値札がついた雪片付け用のジャンパーをもらった。
プチからはケーキをもらった。

29かぁ。何歳になっても実感ないもんだなぁ。
posted by サル at 23:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

吹雪の中でマッケンロー。

今日から仕事再開です。
頭を切り替えて臨んだつもりだけど、やはりどこか抜けてる。
これは、立派な休みボケですね。

外は猛吹雪です。
昨年は戦後最高といわれるほどの雪の多さに家や倉庫が崩壊したりしました。
でも、昨年の今頃はまだおとなしかったんですよ。
1月末〜2月末まで記録的な大雪だったからね。

今年はすでに昨年の2月ほどの量に匹敵しています。
しばらく大雪が続くことから今年また記録を更新するでしょう。
全国ではもう記録更新してるところが相次いでるようですから。

誰だよ!!「今年は暖冬」っていったヤツはぁ!!


雪かきしてると喉に痛みに似た感覚になります。
これは喉の渇きが冷気によって麻痺され、喉の粘膜が危険信号を出してるんだけど、こういう時、オラは雪を食うんですよ。
水飲めばいいんだろうけど、めんどくさくってさー。

そういうわけで毎年雪を食ってるんだけど、年々苦くなっていくんだよねぇ。
「雪をカキ氷にして食べたい!」ってなにかのテレビで見た事あるけど、今はもうそんな素敵な事はないよ。
ただただ苦いだけ。

あーあ、雪なんてもういらねぇー。

(注意:雪は不純物を多く含んでます。健康を害する危険があるので食べないようにしましょう。)
posted by サル at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

刺身用のエビを鍋へ投入してみた

明日から仕事です。
憂鬱といえば憂鬱だけど、これからを考えると仕事が重要なわけで・・・。

それでも1週間休めたのは大きいな。
なにができたか?っていう疑問はあるけど、ゆっくりできた事は間違いない。


今日はプチと朝からマターリ一緒にいました。
あいにくの吹雪でどこへもいってないけど、ゆっくりできましたよ。

夕飯はプチと一緒にウチの父と母へ鍋を作りました。
ウチの父親は寝ボケてて、なんにも言わないけど、母は「ウマー!」って言ってましたよ。
それだけでオラは満足です。

こういうマターリした時間もいいなーっておもいました。
posted by サル at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

青森山田、多々良学園(山口)に敗退

高校総体を制した青森山田が多々良学園(山口)に負けました。
ちょっとガーン!って感じだけど、多々良学園の残り5分の意気込みはすごかった。
前半のゾーンプレスから一転、後半は風上を利用して3トップへ。
2−1から運命の残り5分でひっくりかえした。
ありゃ地元青森を応援してたオラにしても感動!
勢いがついてるだろうから、このまま優勝して欲しいな。
山口はだびちゃんのふるさとだし、だびちゃんの好きなオランダっぽいユニだしさ。


さて、今日はプチとウチの一家でメシ食ってきました。
ウチは父親が出稼ぎでクリスマスは、ウチの母親が1人になる事を危惧したプチがウチでささやかながらもクリスマスパーティをしてくれたんです。
そのお礼に今回はウチの母親のおごり。
自分の母親と彼女が仲がいいってホントこっちにしたら嬉しいですよ。

外は吹雪いてたし、三が日の最中って事でどこも混雑。
仕方なく、プチとたまにいく鳥料理専門の店にいってきた。
ウチの母親は「ウマー!これ、ウマー!」って感動。
ウチの父親は「エビ食いたい。ホタテがいい。」と小学生並みのアホぶり発揮。

ご、ごめんよ・・・ウチの父ちゃん、アホで・・・


ウチの父ちゃんは、9人兄弟の8番目。
末っ子が男なんで、昔から誰にも相手にされなかったような子だったそうです。
事実、学校にいく金もない事から中学卒業後、無理矢理大工修行にいかされました。
生まれついての寡黙さと人付き合いの悪さから、師匠と呼べる親方にめぐり合うまでいくつも修行先をかえたそうで。
そういうわけで、苦労を苦労とも思わない、とにかくまっすぐな人になりました。
ちなみに彼は、B型です。ストレートです。しかも、豪速球です。
ウソをつけないし、冗談も言えない。

好きな言葉  「メシ」。
       人生、食うものがあれば幸せ。
好きな食べ物、「スルメイカ」
       酒もたばこもやらない人ですが。
       「エビ」「ホタテ」。
       外食は常にこれのどっちか。
       「鍋」。
       母ちゃんへのプロポーズは、「毎日鍋でいいから結婚しね?」
嫌いな食べ物、「じゃがいも」
       カレーはいも無し限定で食う。
       「野菜全般」。
       糖尿病・脂肪過多で死ぬでしょう。
好きな歌手、「藤 あやこ」
       エロいから。

父ちゃん、オラも生きてていいんだなって自信になるよ・・・。
posted by サル at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

たまごっち?なにそれ?

昨日・今日と親と福袋購入のために動いてました。
まぁ、父親が出稼ぎで年に2・3回しか帰ってこないんで、こういうのが毎年の恒例行事になったりするんです。

今日、デパートへ福袋を買いに行ったら、目の前に行列が!
福袋売り場は上だし、なんでだ?って思ってたら父が叫びました。

サル父:「うおおおおおお!!たまごっちの抽選してるぞおおおおお!」

はぁ?って話だけど、サル父は行列には敏感で、並ばないと気が済まない人。
オラもオラの母親もいらないし、やらないのに父の暴走に従って並ぶ、サル一家。
子供連れの家族が多い中、なんで30を前にした家族連れがここにいるのか意味不明・・・。

1番手・サル母、当選。たまごっち、ゲット。

2番手・サル、落選。失格。氏ねばいい。

3番手・サル父、落選。さらば、青春。好きな食べ物・スルメイカ。

100個しかないのに1000人近く並んでのゲットだから、すごいなー。
と思ったら、サル父は納得がいかない。
パチンコ歴40年の魂は伊達ではなく、やはり負ける事が嫌いらしい。

サル母と当選したたまごっちを見ながら、「これ、どうする?」って話しをしてると、サル父はいなくなった。
携帯に電話しても出ないし、あっちこっち探しても姿が見えない。
そういうわけで、仕方なく父を捨てて(!?)、福袋を先に買いにいった。


30分後、福袋を買い、捜索を開始すると行列の前に知ってる顔がいた。
パチンコに命をかけたおやじが子供たちの中に入って、肩で風きってた。

・・・こいつ、また並んじゃったよ。たまごっちがそんなに欲しいのか・・・

4番手・サル父、落選。帰ったら、卵焼き作ってやるから泣くな。

抽選会場には、抽選に外れて泣きわめく子供が溢れかえってました。
説得する親御さんたちもどうしようもないといった顔でした。
どうもやるせなく、抽選で購入させるのも罪だなって感じでしたよ。


さらに30分後、行列が係員によって「ここまで!」と線引きされたその頃。
「たまごっちの抽選は終了しました」という看板を持った係員の前には、最後の抽選資格を得た30人ほどの行列がありました。
そして、その中にこのパチンコ命なおやじとそのDNAを引き継ぐ息子の姿がありました。
(サル母はさすがにキレて、車に戻りました。)

ウチのおやじは、なぜこうもたまごっちにこだわるのか?
なぜ2つ欲しいのか?
その疑問を抱えつつも、子供の中に1人で行列にいるおやじを見て切なくて仕方なかったんです。
結構、きますよ?情けないを通り過ぎて、泣きたくなるよ?

5番手・サル、落選。親孝行は形だけ。自分が一番大好きさ。

6番手・サル父、当選。

奇跡!!と思ってたら、なにもいわずにレジで即たまごっち購入。
いやいや、息子にねぎらいの一言でもくれよ。
つーか、母ちゃんの機嫌直してくれよ、こえーよ。


その2時間後、ウチの姉ともいえる従姉の子供2匹にたまごっちが贈呈されました。
この時やっと「なぜ2つ必要か」という疑問が解けたんですよ。
あげたかったんだろうねぇ、あの子らにさ。
子供大好きだから、そういうのには気がきくんだよな。

そういうのを見てるとなんだか、申し訳なく思ったりするわけ。
「オラがしっかりしてれば、もう孫いるんだよな」とかさ。
だから、オラはなんも言わないよ。

たださー、母ちゃんには言えよ。
どうするのさ、スゲー機嫌悪いぞー。


そんなサル父(58)は今日も元気に5万負けて帰ってきました。
昨日3万・一昨日不明。
10万以上負けてるのにまだこりない、パチンコドランカー。
君の人生は楽しいかい?負けず嫌いの世渡り下手君。
posted by サル at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

あけおめ!ことよろ!

年もあけました。
って事で、去年の邪念なんかを取っ払っちゃいましょう。
せっかくの新年だしさー、真っ白な気持ちでいきたいですね。

今年の目標は、そりゃもう結婚でしょう。
それだけってのもおかしいけど、まずはそれです。
仕事や家族なんかを巻き込んでするんだから、それなりの覚悟が必要だしさ。

年末年始は飲んだくれて、5日からスカッとしたい。
何キロか太ってもいいや。今の内に太っちゃおーっと。

そういうわけで、今年もよろしくお願いします。
posted by サル at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。