2005年11月30日

ありえねぇ。

管理職全員で社長へ朝から直談判しました。
だって、連休どころか、日曜休みすらとれない状況なんだもん。
しかし、社長の腹はすでに決まってるようでした。

強権発動で連休決定。
それどころか、金曜は午前のみ稼動。

マジでありえねぇ。
なにをどうすればそうなるのか、本気でわかんねぇ。

そりゃ作業者とあんたらはウハウハさ。
でも、その遅れの責任はどうせこっちにくるんだろ?
んで、無理矢理やってキレた作業者が休んで、生産がさらに追いつかなくて、貴様が怒鳴るんだろ?
あーあ、なんでそんな事で苦労しなきゃなんないのさ!!

ボーナス出す気ないんだろうな。
社員を道具としてしか見てないんだろうな。
ダメだ、この会社。

会社の体質を変えるのは、上が変われば早い話かも知れない。
下まで体質を変えるには相当の苦労と時間を覚悟しなきゃいけない。
その覚悟を持って、それでも突き進むか?
それとも、見限って他へいくか?

性格的に両極端なんで、もうどちらかしか考えられないッス。
posted by サル at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

消えろ、ハゲ。

年末はどこもかしこも火の車でしょうね。
んでもって、年末にはイベントが目白押しです。

クリスマスとか、クリスマスとか、クリスマスとか!!

今年は24日が土曜で、25日が日曜。
何年かに一度の「こりゃお祝いだー!」的な暦です。

さぁ、みなさんはどう過ごしますか?


さて、昨日はありえない若気のいたり事件があったんですが、今日は何事もなく平和でしたよ。
しいて言うなら、工場長に朝から怒鳴られたくらいかなー。

理由は、昨日のゴタゴタによる生産数の減少。
工場長も立場があるわけだし、当然だろうなーって覚悟してました。

ただ納得いかないのが、「今週はなにがなんでも土日連休にしろ。」というもの。
素直に無理!みんな、ヒィヒィしながらも年末休み奪取に賭けてるのに何言うのさ?

社長からの希望だそうだけど、納得がいかず、追求。
少しずつ機嫌悪くなる工場長を無視して、それでも追求。
キレて「無能」呼ばわりする工場長を、これでもかと追求。

理由「社長と工場長が家族を連れて旅行にいくから」判明。

大丈夫かよ、この会社。
そっちがその気ならってんで、上司らと作戦会議もどうにもならず。


はぁ、こりゃボーナスねぇや。
posted by サル at 21:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

17歳という正義

オラが可愛がってる、一見ヤンキーな17歳のバイト君がいます。
その子は、勉強したくないがために高校入学を拒否し、ウチの会社に入りました。
見た目や言葉遣いが悪く、きつくなると逃げる節があるから周りの評価は低いけど、とても素直な良い子なんです。
「なぜこれが必要で、これはこのためにやって」と説明すると目を輝かせて作業するんですよ。
きっと物作りが好きなんだろうなってこっちも微笑ましく教えたもんです。

他部署が多忙になり異動の憂目にあった時、「俺、サルさんと仕事したいんです!!異動ならやめますよ!!」って言ってくれた事は今も覚えてます。
なんとか説得して涙ながらに異動しました。

異動先はオラの先輩が仕切る部署。
「社内だけでもいいから、人間関係の見聞を広めてほしい」と願ってました。
そうする事で、「若いから」とバカにする上司を見返して欲しいと思ってました。


「サルさん!大変!あ、あ、あ、あ、あの・・あああ!!」

今日の夕方、ウチの部署の人間が息を切らせてオラを呼びにきました。
言ってみると、ブチ切れて叫んでるあの子と、それにビビッてるウチの上司がいました。
それを必死に抑えようとする先輩。(でも、上司の肩を持つ発言してる。)

作業者は手を止め、ガヤガヤと騒いで、もう仕事になりません。

上司に「コレ、もらっていきますね」と言って、無理矢理会議室に連れ出しました。
ふと上司の顔をみると見事に腫れてた。きっと殴っちゃったんだろうな。

原因は、仕事中にトイレにいってて機械をとめていたから注意された事らしい。
それも目をつけられていたらしく、「また?」みたいな感じで嫌味を言われたそうだ。

たったそれだけで人を殴るなよ・・・。
だから、「若いな」って言われるんだろ。

一通り話しを聞いて落ち着いたと思ったら、次は「辞める!」ときたもんだ。
まぁそんなもんでしょう。君の考える事なんて。

「辞めたきゃ辞めなよ。逆にいいんじゃない?戻ったって、みんなから避けられるだけだしさ。もう君と仕事をしてくれる人はいないだろうしね。」
そう告げると彼は泣きだしました。

「戻りたい、ここで働きたいって思うなら、一緒に謝ってあげるよ。殴られるかも知れないけど、それは覚悟しないとね。まぁ、そうなりゃオラも辞めてやるけどなw」
悩んだ彼は、「お願いします」と頭を下げた。

そして、2人で謝罪へ。
上司はにこやかに「コーヒー、おごれや。」と一言のみ。
その後は、何事もなく3人で談笑。
上司、カコイイよ、おまえ・・・。

こういう事が日々ある会社ってどうか?と思うけど、その分意外と楽しいです。
オラも周りに助けられてるなーって思いますよ。

彼にとってもこれが社会の一歩だと思えたでしょう。
きっと明日はちょっと大人になれるかも知れません。

がんばれ。


・・・工場長への報告、どうしよう・・・

posted by サル at 23:02| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

身長2mって、何食ったらそうなる。

うわーん。
今自分のブログを読み返してみたんだけど、ヤバくね?
なんかスゲー暗いブログじゃね?

いやー、読み返しなんて全然しないから、こんなブルーな内容を書いてたなんて思わなかった。
あまりに正直過ぎ!オラ、正直者!イエー!
つーか、ブログの意味ないくらい、自己満足しちゃってるー!

こりゃ、イカン。
とても遺憾・・・。
それ、如何・・・・・・。

ああああああああ

中途半端はオヤジギャグー!!死刑!死刑!

posted by サル at 20:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GLORIA〜♪GLORIA〜♪

最近、面白い事ないッスねー。
仕事は年末に大型連休をとろうとするメーカーに追い込まれ、挙句に昨日みたいな状況なんで。
でも、こいつのおかげで、落ち着いた毎日を過ごせてますよー。

誰でも不思議だなーって思う事、生きてる内に1つや2つあるじゃないですか?

オラもあるんですよ。
3歳上の従姉がいるんですが、この人、なんでかオラがヤバイくらいに凹んだ時に連絡がくるんです。
昔から、頭よくて、スポーツできて、モテモテで、完璧超人みたいな人なんですけどね。
「なんで今、普通に2児のママでマターリ生きてるのさ。もったいないな。」って思える人。

普段は滅多に連絡ないのに、凹んだ時だけ連絡がくる。
オラも内に閉じ込めるタイプの人間なんで、仕事の話は家ではしない。プチにもしない。
でも、この人だけはなぜかわかられてしまう。

「おー、サルかー。今さー、実家にきててさー。」っていう一方通行な電話。
「おまえの話は興味ない。でさ、こないださー。」という一種暴走的な内容。
「貴様の精○は薄いから、プチちゃんがかわいそう。ウチの娘、あげよか?」というちょっと痛い侮辱。
「じゃそういう事でー。早く結婚しろよー。」という捨て台詞を吐いて、プツリを切る。

「あー。」「んと・・・」「いや・・・」「そ、それは・・・」しか発言できない、弱い子日本代表・サル。

どうにもまいったねぇ。
こんな事で、ホッとするなんてなぁ。
あんたにゃ、一生勝てねーよ。
つーか、勝てる気、全然しない。

なんていうか・・・ありがとよ。姉ちゃん。
posted by サル at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

決別の言葉とは。

「あなたの下では、仕事したくない。」

この言葉を人生で二度聞かされました。
管理職において、この台詞は怒りを通り越し、なにか落ち込ませる力を持ってます。


初めて言われたのは、今から3年ほど前。
オラの管理する部署に2年ほどいた、オラより3つ上の女性に言われました。
普通に冗談をいいあえるレベルの付き合いで仕事してたんだけど、急に言われた。

いや、オラが気づかないようにしてるだけで、実はかなり追い込んでいたんでしょう。
その後、その人は部署を移動し、1週間後退職しました。


そして、2度目は先週40過ぎのおばちゃんに言われました。
いつでも「できない。」の一点張りで、挙句にまわりに悪口をいいまくる始末。
嫌われてなんぼ!という思いがないと潰されちゃう仕事なんで、気にしないようにしてた。

でも、それで納期が守れて、給料もらえるなら苦労しない。
説得に説得を重ね、仕事しやすいように機械を変え、時間帯を変え、人を変え・・・あらゆる手を尽くしました。
それでも状況は変わらない。
「楽になったわー。」というおばちゃんがいるだけでした。

問題はウチの部署だけにとどまらず、ついには会社全体を巻き込んでしまい、勤労感謝の日は休日返上。
工場長に怒鳴られて、その様を「あたし、知らないよー。」と見てるおばちゃんを見て、怒りを通り越した、なにか自分が壊れるような気分になりました。

今考えても、なにが正しかったのかわかりません。
上司にも連絡してたし、工場長にも報告していた。
「人を入れ替えしよう」ともお願いした。
直に上司に動いてもらい、おばちゃんと激論を繰り広げもした。

それでも、状況は変えられなかった・・・。


おばちゃん、ごめんね。
これ以上、あなたを守れないよ。
守ろうとしたけど、もうオラの力じゃどうにもならないんだ。


11月24日(木)  おばちゃん、工場長より解雇通告により退社。
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

あーあ・・・

久々の更新、ごめんなさい。
近況はですね、凹みまくりです。

そんなこんなでしばらく更新できなかったわけですが、今日仕事を休みました。
理由は、コンタクトをなくしたから。

それだけで仕事を休みのは個人的にも客観的にも「はぁ?」な話。
一番の原因は、精神的な余裕がなくなった事に尽きます。

自分を守るのは最終的に自分なんです。
周りに潰されないように、自分を守るしかない。
もがいて、それでもあがいて・・・そして潰れないように踏ん張るしかない。


「死んじゃったほうが楽」
そう考える時間が年とともに減ってきたけど、やはりふと思うのはそういうダークなもの。
そのたびに「バーカ。生きてりゃいい事あんだよ!」と自分を奮起させてる。

人が亡くなった時のさみしさは、いつになっても忘れません。
それが自分に近い人間ならばなおさらです。

「その人の分まで」とか「あの人ができなかったことを」とか色んなプラス思考を考える。
それがその人にとっての供養となると思えたから。
それが正しいかどうかはわからないけど、そうやって今も自分を鼓舞してあがいてます。


今日はゆっくり静養しよう。
考えがまとまらないよ・・・。
posted by サル at 08:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

チェチェン共和国がどこだかわからない。

お〜、寒い〜。
明日こちらでは雪がふるそうです。
例年に比べると遅い初雪になるそうで。

冬かー。そうかー、冬になるのかー。

北国にとっちゃ雪は「ツライ」という以外のなにものでもないんです。
毎朝1時間は雪かきしてから出社して、帰宅したらまた雪かき。
平日でも休みでも1日最低2回はしないと、家からも出られないんです。

毎年の事だけど、シーズン中は1・2回は倒れてます・・・。
そりゃ、仕事して雪やってたら倒れもするっつーの。

ただ、悪い事ばかりでもないんですよね。
この年になっても、オラはスキーやるし、プチはボードやるし。
親戚のガキどもがきたら、雪合戦やかまくらだってできる。

冬の楽しみでもありますが、オラにとって1番の楽しみは、屋根からのダイビング。
これが結構スカッとするんです。
仕事でいきづまったら、ダイビング。生まれ変わった錯覚が気持ちよかったりします。
これは昔、ウチの父親にキレられた時の罰として頻繁にされてました。

あ!怪我なんてしないですよ。雪かきで寄せた雪が積もってるトコですから。

ボスッ!!っていう鈍い音をさせて雪に囲まれ、無音の中に1人ポツーンといる瞬間ってさみしくもあり、切なくもあり、「オラ、なにやってんだろ」と思ったり、いろんな事を瞬間的に考えられるんですよ。
寒風にさらされ、ふってくる雪に埋もれそうになって、「負けねーつーの!寒いよ、バーカ!」って奮起して叫んだりします。

wwwうはっwwwオラ、暗いwww

そろそろ本格的な冬になります。
風邪なんかひかないよう、皆様どうぞお気をつけあそばせー。
posted by サル at 23:49| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

親愛なるI&Iコンビ様

仕事、若い子と話す機会があります。
パートのおばちゃんが大半を占める会社において、ある意味快挙。
急病で1人長期休暇になって、その代わりにきた子が若い子のマドンナ(?)的な存在らしく、そのツテでそうなりました。

まぁ・・・なんというか・・・みんな、自分大好きなんだろうなー。
そんな感じの印象です。

「あたしさー!!」「俺!俺!」みたいな会話の仕方。
ニートが多い世の中、自己主張できない若い子が多いと思ってたら、そうでもない。
まぁ、その中の一握りなんだろうけどさ。

仕事中なんかも話するもんだから、注意したりするとガン垂れたりする。
自分のミスをなかったかのように隠し、バレたら開き直る。
ちょっとでもおもしろくない事があると、次の日欠勤。

しばらくして、きっとオラのトコに来る前もこうだったんだろうなーと管理意識を変えてみた。
オラもその輪に入って、バカやって、「やる事だけはやろうや」と諭す作戦。
ちょっとやり方・考え方は違うけど、自分をものさしに他人を批判する自分の考え方を置いておいて、「イギさんやいんざらぎさんの考え方を借りてみよう」と思ったわけです。
(イギさん、いんざらぎさん、ちょっとっていうか、全然違ってると思う。ごめんちゃい。)

最初は自分が自分で情けないと思ったけど、どうにもならない時は意識を変えるべき。
自分を見失って、仕事にならなくならないように気をつけないとダメだけどさ。

上にはそれを批難されたりしたけど、どうよ?この生産数?
おい、コラ。おやじども。この不良率、どうだっつってんだよ?

若い子は若い子なりの武器ってあるんです。
きっと「仕事はつらい」ってのをカバーしてやれば、ベテランにはない技があるんです。
それをどう引き出すか?ってのが、管理職の仕事でしょー。

本日、長期休暇のおばちゃんが復帰し、若い子らは元の部署に戻っていきました。
先々月と変わらない体制になり、上への報告も下への指示も確かに楽になります。
だけど、もうちょっと今の体制でやりたかったな。
もうちょっと時間くれれば、あの子たちに「仕事って楽しいでしょ」って聞けたのに。

がんばってね、若い子たち。
いつか会社を見返すくらいの技術者・作業者になってね。
オラもスゲー凹んだ時もあったけど、今はスゲーいい経験しました。
ありがとう。
posted by サル at 23:46| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

小橋vs佐々木がマイブーム。

あぁ、休みってホントにあっ!という間ですね。
寝て、ちょっと動いたらもう夜・・・。

ふぅ、また今週が始まったのね。トホホー。
まぁ、そんなにウツにならなくても、どうせやらなきゃいけないんだから開き直りましょう。

わーい、苦しいぞー。わーい。

・・・って具合にブルーだらけのブログじゃ誰も呼んでくれないわけですよ。
もうちょっと楽しくしないとね!!


こんなヒィヒィしてる生活の中でも、「救われてるなー」って思う場面ってあるんです。
それは、頻繁にプチが仕事帰りにきてメシ作ってくれること。
んでもって、ウチの母ちゃんとオラと3人でメシ食ってること。

まだ結婚してるわけじゃないし、プチの家に迷惑かけて申し訳ない部分もあるけど、すごい癒されるなって感謝してます。
ウチは父親が幼少から出稼ぎで家にいないんで、ほとんど母親と2人、もしくは1人でのメシが多いんです。
それに慣れて黙々と食べることが常識になったもんだから、最初は戸惑いました。
「おいしい!」とか「これ、なぁに?」とか、そういう簡単な会話すらできなかった。

でも、今ではそれが楽しくて仕方ないんです。
雑談まじりの食事が一日の中で一番「生きるっていいな」って思えるわけ。
料理もイヤイヤしながらしてたのに、最近じゃ料理番組見てるんだから、オラ個人も変わったなーって思います。

今日はそんな素敵な時間をくれた母親とプチにすきやきをプレゼント。
給料前で安いお肉しか買えないでごめんよ。

プチー、作ってくれてありがとね。おいしかった。
母ちゃん、うまかったなー。今度また肉買ってくるね。

父ちゃん、ウチの家族、なんとかやっていけてるよ。
何年も単身赴任させてごめんね。ありがとう。
もう少ししたら、きちんと報告するよ。

「家族が増えました。楽しくて仕方ない家族だよ。」ってさ。
posted by サル at 00:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ジェフユナイテッド優勝かー。

オラは生きた!
あまりにも精一杯過ぎて、頭から湯気が沸いてそうだけど生きた!

さぁ、休みだーーー!!!

まぁね、ウチみたいな中小企業に土日休みなんて土台厳しいんスよ。
だって、生産力はメーカーのほうがあるんだし、土日休みのメーカーに追いつくには稼働日を増やすか、残業地獄にするしかないんです。
ただ、残業にすれば納期は早まるけど、人件費がかかるからやらない方向で。
サービス残業にするともっと問題だしさー。

毎日毎日「ひぃぃー。もう許してー。」くらいやっても追いついてないんだけどね・・・。

ゆとりのある仕事させてあげたいけど、オラ自身ゆとりがないから結局部下にも同じ目にあわせちゃう。
できるのは、休みを確保してあげるくらい。
楽しい職場作りねぇ・・・今は厳しいな。ごめんね、みんな。

とりあえず、日曜くらいは寝てくれ。
posted by サル at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ぼぼぼ〜ぼ、ぼ〜ぼぼ〜

ど〜も〜。
最近ありえないくらいハードで、精神的に追い込まれたりするサルです。

いやー、おもしろいくらいにどうにもならない状況でしてねぇ。
なにがどう狂ったのはもうわかんないくらいにダメダメなんです。

「なんとかなるさー」とか「笑ってればいい事あるよ」という考えすら思いつかない。

言うなれば「いっそ殺してくれ」の心境。

まぁ、だからといって殺されたんじゃ、この何十年間が無駄になるわけで・・・。
せっかくだからもうちょいあがきますよ=3

そんなこんなで魂こめて生きてます。

あぁ・・・休みが欲しい・・・
posted by サル at 21:13| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。